不動産業界では必須の宅建の資格|取って損しない資格を知ろう

多分野で使える専門知識

模型を見る人

不動産取引業では必須

不動産業者を介して土地や住宅を購入したり賃貸したりする際は、買い手や借り手に対して必ず重要事項の説明が行われます。重要事項とは、物件の形状や広さ、法律上の制限、抵当その他の権利関係などのことをいいます。重要事項の説明は、宅建と呼ばれる国家資格を持った者が行わなければ、正当なものとは認められません。宅建は正式名称を宅地建物取引士といい、不動産業界では必要不可欠な資格です。不動産取引業者にあっては、事務所ごとにそこで働く者の5人に1人は宅建資格の保有者を置くよう定められています。こうした背景から、宅建はビジネスに直結する資格として非常に人気があります。不動産業界で働くことを目的として、毎年多くの人が資格試験を受験しています。

一般企業にも活躍の場あり

宅建の資格は、不動産業以外でも人気があります。たとえば金融業界では、土地や建物の担保価値を算定する際には不動産に関する専門知識が必要ですし、チェーン展開を行っている小売業者やサービス業者にあっては、賃貸関連の業務に精通している必要があります。そのため、宅建は非常に汎用性の高い資格としても評価されているのです。宅建の資格は年に1回、全国で実施されます。受験資格に特に制限はなく、1度合格すれば生涯有効です。そのため、就職に備えた大学生や専門学校生、ステップアップ・キャリアアップを目指すサラリーマンやOLなど、さまざまな人が挑戦しています。いわゆる「街の不動産屋さん」として独立開業を目指す人の受験も目立ちます。

スーツの人

仕事にアピールできる能力

仕事などで必要とされる資格には、国家資格だけでなく民間の検定など様々なものがあります。また、ビジネスにおいても役立つ資格が数多くあるのです。資格をとるならば本当に自分に必要かどうかを検討し、今後に活かせると見込んだものを選んで受験してください。

男女

マネジャーに人気の検定

マネジメントの資格は、チームとして成果を出すために役立つ知識を得られるものです。人の管理や業務の管理、そしてリスク管理と3つの分野で学ぶことになります。管理職としてのスキルを高めることにつながります。

やりがいのある仕事

児童と婦人

国家資格である幼稚園教諭の資格は、幼稚園教諭に必要な勉強ができる短大や大学、大学院で履修単位を取得して、卒業することで取ることが可能です。近年では求められる役割が増えている幼稚園教諭ですが、子供たちと創造する喜びやともに成長する喜びのあるやりがいのある仕事といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加