不動産業界では必須の宅建の資格|取って損しない資格を知ろう

仕事にアピールできる能力

スーツの人

数ある検定の中で

資格といえるものは国家資格から民間の検定に至るまで様々あり、ビジネスにつながるものだけ選別しても多種多様の資格が存在します。各試験の細かい詳細はそれぞれ異なるためひとつずつ調べる必要がありますが、主に二つに分類することができます。まず資格がないと仕事ができないものです。国家資格はこちらに分類されるものが多く、弁護士などいわゆる士業と言われるものは専用の試験などを通過しないといけないと法律で規定されています。もう一つは資格がなくてもビジネスをするうえで問題ありませんが、持っていると他者と差別化ができるものです。ビジネス向けの資格と言われれば主に後者のことを指すことが多いですが、どちらでも共通することを説明します。

仕事につなげるには

何か資格を取ろうと思うときはまず自分が何をしたいのかを考え、そのために必要なことと今の自分に足りないものとを探します。ビジネスに役立つと銘打つものはいくつもありますが、その中で自分の強みを示すために使うのか、あるいは弱点を補うために使うのかによっても同じ検定でも向き合い方が変わります。受験を決めたら次はその検定の情報を集めます。検定の中には受験要件を設けているものもあるため検定を受けるために準備が必要になることがあります。そして検定に合格したら学んだことを実際のビジネスに活かせるように実践し、場合によっては別に必要なものがないか検討してください。苦労して資格をとっても仕事に活かすことができず、ただ履歴書の資格欄が埋まるだけのものにならないようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加