不動産業界では必須の宅建の資格|取って損しない資格を知ろう

やりがいのある仕事

児童と婦人

ともに成長できる仕事

幼稚園教諭の仕事は、教諭と呼ばれるように3歳から就学前の子供に教育を行うことです。保育士と違い、保育よりも教育に重点を置いた職種といえます。教育といっても教科の教育ではなく、社会性や感性、身体能力などをはぐくむことが、幼稚園教諭に求められる役割となります。近年、幼稚園と保育園を一体させた認定こども園が出来たり、共働き世帯が増えたことなどから幼稚園教諭に求められる役割も多様化してきましたが、そうした中でも様々な行事を子供と共創り上げていく喜びがあり、またともに成長していくことが出来るという点から人気のある仕事です。より幅広い分野で活躍できるよう幼稚園教諭免許状に加え保育士資格を取得する人も増えてきています。

資格取得と就職先

幼稚園教諭免許状を取得するには、幼稚園教諭養成課程のある短期大学・大学・大学院に進学し、必要な単位を取得、卒業することで国家資格である幼稚園教諭免許状の専修・1種・2種のいずれかを取得することが出来ます。いずれの免許状であっても同じ仕事内容ですが、4年制大学以上の学歴で取得できる1種免許状を取得している方が給与で優遇される傾向にあります。就職先は公立幼稚園か私立幼稚園があり、公立幼稚園の場合は、地方公務員となりますので、自治体による公立幼稚園採用試験を受験することになります。私立幼稚園は幼稚園ごとの採用試験を受験することになります。幼稚園によって理念や特色は全く違います。自分に合った幼稚園で仕事をするためにも、幼稚園に関わる様々な情報収集を行なっていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加